みんなの防災ブログ

瓦や看板が紙切れみたいに飛んでいた

わたしが小学生の時ですが、台風19号という大きな台風が当時住んでいた長崎県を直撃しました。
わたし達家族が住んでいたところは岡の上にあり、浸水したりする心配はあまりなかったので非難などはしていませんが、河川の近くに住んでいたり高齢だったりする親戚は実際に避難もしていました。
その台風での被害ですが、わたしたちの家は丈夫だったのか特に台風の風や雨で壊れたりするものはなかったのですが、とにかく風が強かったので、瓦が飛んだ家がとても多かったみたいです。
実際わたしの家は飛んでませんでたが、周りでは瓦や色々なものが飛んでいるところが多く、うちの庭にあった倉庫と犬小屋が飛んできた瓦がぶつかって凹んでいたり、欠けたりしていました。
そして庭の気も枝かかなり折れてしまいました。
犬は室内に入れていたので無事でした。
また、台風が過ぎた後は瓦も落ちていましたが、民家の玄関先の外灯やどこかの店の看板も道路や庭にかなり散乱していました。
実際に台風の時に窓から見たら、看板が紙切れみたいに飛んでいたりしたので、とても怖かったです。

みんなの防災アプリでは皆様の体験談や防災術、また防災に役立つ情報を掲載しております。
みんなの防災アプリダウンロードはこちら。

アンドロイドの方はこちら
Google Play

※ iPhone版準備中

お勧め記事

こちらの記事もよく読まれています