みんなの防災ブログ

支援物資が届くと喜んだ、熊本地震

二日目夜でしたか、被災し小学生のいる近所のママ友家族と避難生活を一緒にしていました。
さすがに小学生の母ともなると、ライフラインがしっかりしていて、情報が早いと驚きました。
うちは未修園児なのでまだ横の繋がりがほとんどなかったので助かりました。
何時に自衛隊の炊き出しがある、○◯小学校は水が出てるとか、◯◯中学校は携帯の充電が出来る、◯◯小学校でオムツもらえるから小さな子供がいるなら行こうなど。
夜中に携帯を充電しに中学校へ行きました。
充電は1度に50台くらいまでしか出来ないから充電が終わるまで行列に。
でも充電しておかないと、遠方の身内や単身赴任中の夫とも取らなければ心配していると思い、初日からなりっぱなしの携帯に充電が無くなるので、電源を切っていました。
そして充電出来て、ライフラインが繋がると言うのは、本当に安心しました。
その夜自衛隊の炊き出しがあると広まりました。
中学校の運動場に待機して待っていました。
四月の夜雨も降って寒かったです。
自衛隊の炊き出しが、暖かいもの食べられると楽しみにしてたのに、自衛隊は毛布を置いて帰って行きました。
とてもみんなガッカリしていました。
もらった毛布は、支援物資なので文句言えませんが、固くて野外活動などで使った固い毛布な感じでした。その夜毛布に子供を寝かせくるみました。
スヤスヤ子供は眠ってくれました。

みんなの防災アプリでは皆様の体験談や防災術、また防災に役立つ情報を掲載しております。
みんなの防災アプリダウンロードはこちら。

アンドロイドの方はこちら
Google Play

※ iPhone版準備中

お勧め記事

こちらの記事もよく読まれています