みんなの防災ブログ

熊本大震災で被災して避難所に行きました

2016年4月、熊本大震災で被災をして避難所に行きました。
震源地と割と近いところにいたので、震度6強揺れたため、住んでいたマンションでは生活できずに避難所で暮らすことになりました。
避難所でつらかったのは食べ物が少なかったことです。
1日たっても昼の配給時には食事が不足して配給されませんでした。
電気や水道も使えなかったのでトイレも人の排せつしたところに新聞紙を重ねていくといった衛生的にひどい状態でした。
やっと食料が配給されたのは、翌日の夕方でした。
小さい子どもがいたこともあり、これでも早い方でした。
熊本県はもともと災害がないので、避難所として使われるところも二転三転、真夜中に地震があったので就寝場所を見つけるのも大変でした。
避難所になった公民館に保管されている毛布にはダニがいて、とりあえず避難できたのは良いのですが生活環境としては良いものとは言えず、ストレスが溜まりました。数日で鉄道が復旧して実家に避難できてよかったです。

みんなの防災アプリでは皆様の体験談や防災術、また防災に役立つ情報を掲載しております。
みんなの防災アプリダウンロードはこちら。

アンドロイドの方はこちら
Google Play

※ iPhone版準備中

お勧め記事

こちらの記事もよく読まれています