みんなの防災ブログ

勤務中に東日本大震災に遭う

もうかなりの時間が経ちましたが、今でも東日本大震災の日の記憶は強く残っています。
私はその当時接客業についており、地震があった時も勤務中でした。
ちょうどレジでお会計をしていた時だったと思います。
急にずしんと揺れて、大きく揺れました。
お会計はすべて終わっていたので、お客様に商品を手渡しましたが、その後すぐに停電してしまい、レジが使えなくなってしまいました。
また食器店で働いていたため、一旦お客様を店外に誘導し、外で待機することにしました。
外に待機している時、再び地震が起こります。
目の前の石畳の道路がぐにゃりと大きく曲がるのを見た時に、これは今いる場所が特殊なのか?と思ってしまいました。
それからお店は臨時休業と言う形を取り、店長以外は全員帰宅することになりました。
車通勤でしたので、自分で運転して帰宅しようとしましたが、信号も停電しており、大通りは慎重に横断するなどして帰りました。
家についてもテレビは点かないので携帯だけが頼りで、どういう状況なのか不安でいました。
翌朝になって、電気が復旧して、福島や宮城での状況を知りました。
一体何が起きていたのか、現実だったのか理解できませんでした。
震源地から遠く離れていましたが、影響は大きく計画停電なども経験しました。
あれほどの強烈な出来事は決して忘れることはできないでしょう。

みんなの防災アプリでは皆様の体験談や防災術、また防災に役立つ情報を掲載しております。
みんなの防災アプリダウンロードはこちら。

アンドロイドの方はこちら
Google Play

※ iPhone版準備中

お勧め記事

こちらの記事もよく読まれています